• 就職・転職の情報

履歴書の書き方 その2 【免許・資格、志望動機、本人希望欄】

※スマートフォンは横向き(回転)でより見やすくなります

Contents

1. 免許・資格

免許・資格
平成○○年 ○月 中型自動車第一種運転免許 取得
平成○○年 ○月 介護職員初任者研修 修了
平成○○年 ○月 介護福祉士 取得
平成○○年 ○月 訪問介護員養成研修 修了

履歴書全体で西暦・元号(平成・昭和)表記かを統一しましょう最初に免許を書きます。それに続いて資格を記入します免許・資格は正式名称で記入します
【免許・資格の記入例】
自動車免許:中型自動車第一種運転免許(AT限定)
英検:実用英語技能検定○級
漢検:日本漢字能力検定
日商簿記:日本商工会議所簿記検定試験○級

習得のために現在勉強しているものがあれば、合わせて記入しましょう。

応募する企業・職種に関連する資格を記入するのはもちろん、仕事とは直接関係のない資格でもアピールする内容を意識して積極的に書いておきましょう。
たくさんの資格を持っている方は、希望職種との関連性や取得レベルの高いものを優先するなど、取捨選択して記入します。

2. 志望動機・自己PR

志望動機
大学卒業後、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームに就職し、軽度から重度までの入居者様への食事介護・排泄介助等のケアを経験しました。より良いサービスが提供できるよう、認知症ケアについての学習や同僚と知識共有を図り、入居者様と真摯に向き合い理解を深めることでより穏やかに過ごしていただける環境づくりができると実感しました。
今後も入居者様に寄り添ったサポートを行いたいと考え、志望いたしました。

経験に基づいた具体的な志望動機を記入しましょう
施設別に分かりやすい志望動機の例文を紹介しますので、自身の状況に近い例文を参考にして、オリジナルな志望動機を作る参考にしてみてください。

志望動機の参考例文

<デイサービス>家庭と仕事を両立したい人のケース

正社員として今まで特養で5年間勤務していました。とても充実はしていたのですが、結婚をして子供を出産し復職をしたのですが、幼い子どもの面倒を見ながら夜勤勤務をするのが難しくなってしまい、この度、デイサービスの転職を決意いたしました。保育園も月〜土曜日で夕方19時までは面倒を見てくれるますので仕事に支障なく勤務することが可能です。

<グループホーム>利用者の個別ケアに集中したい人のケース

今まで病院・特養・老健と一通り大きなな施設で介護を経験してきました。この度、グループホームを希望する一番の理由は「個別ケア」をもっと深く勉強するためです。大きな規模の施設だと、利用者一人一人に十分な時間をかける事が出来ずに、自分の満足のいくケアが出来ませんでした。貴社のホームページを拝見させて頂き、「時間をかけてゆっくりケアしていく」という理念にとても共感し、志望しました。

<特別養護老人ホーム>未経験で介護技術を習得したい人のケース

介護の仕事が未経験の為、食事介助、入浴介助、排泄介助などを総合的に学べる特養を希望しました。施設規模が100床という事ですのでより多くのご利用者様と接しながら、お一人お一人に合ったケアをしていきたいと思っております。また、研修制度も豊富にあるということですので、早くお役に立てるよう介護技術を身につけたいと思います。

<介護老人保健施設>在宅復帰するお手伝いをしたい方のケース

5年間デイサービスで勤務していました。とてもやり甲斐を感じていましたが、祖父が体調を崩し老健に入所した際、リハビリで見る見るうちに元気になり、退院した時の祖父の笑顔がとても印象的でした。在宅復帰を目的とし、リハビリに力をいれている為、機能回復や在宅復帰される利用者様をみる喜びを私も感じたいと思い応募しました。

<介護付き有料老人ホーム>コミュニケーションを大切にしたい人のケース

自立度が比較的高いため、利用者様と多くコミュニケーションを取れる貴社を希望しました。貴社の理念の『接遇(せつぐう)を大切にする』という考えにとても感銘を受け、マナー面のスキル向上や利用者様のニーズに細かく対応することを心掛けていきたいと思っております。

未経験から応募する場合

私は今まで介護をしたことがありませんが、以前から興味があり介護士として働きたいと思い応募をしました。
祖母と長年住んでいたので、高齢者は好きで普段の生活でもついつい高齢者に話しかけてしまいます。従来の性格としては人を喜ばしたい、困っている人を助けたいという性格ですので、それを介護に生かせれればと思います。
私は何もわからない初心者ですが、今は介護の参考書を購入して勉強しています。介護初任者研修を取得することも考えていますし、将来的には介護福祉士やケアマネージャーの資格の取得も考えています。勉強することは好きですので、研修などにも積極的に参加して介護士として知識を高めて働きながら勉強していきたいです。

資格はあるが実務経験がない場合

以前に介護の仕事をしようと初任者研修を取得しましたが、家庭の事情により介護の仕事ができませんでした。
今回は家庭の事情が落ち着きましたので念願であった介護の仕事をしようと思い応募をさせていただきました。貴施設では、新人職員に対して丁寧な研修をしているとホームページで記載がありましたので、私のように経験が無い者でも働けるかもしれないと思いました。
応募をするにあたって以前の初任者研修の教科書を出して勉強してきましたので、知識はあるかと思います。ただ、初めて働きますので職員の方々の指導をしっかりと受けて早く力になれるようにしていきたいです。実務経験を積んで介護福祉士などの他の資格にも挑戦したいと思っています。

職歴にブランクがある場合

介護の経験は学校を卒業してから10年近くありましたが、出産を機に休んでいました。
今回は5年ぶりの介護になります。ブランクがありますので、不安も多いですが、応募をするにあたって介護のボランティアに応募していってきました。
ひさしぶりの高齢者との関わりで緊張しましたが、高齢者との関わりは体が覚えておりスムーズに対応ができたかと思います。
しかし、貴施設では初心者の気持ちでまずは覚えることから働いていきたいと思います。
新人研修にも力を入れているようですので、早く覚えて慣れていきたいです。ブランクはありますが、もし採用が決まれば施設で長く働きたいと思っており、途中で退職することはありません。

新しい施設でスキルアップしたい場合

今まで訪問介護やデイサービス、訪問入浴で働いてきましたが、最後は施設で働きたいと考えていました。
今までの介護技術や知識を持って取り組みたいと考えています。また、施設で働くと高齢者との関わりを深く持てるかと思いますので、長期間、長時間高齢者と関わる中でどのような介護がその高齢者にとって必要なのか考えることが必要かと思います。
今までは在宅サービスという特質上どうしても短期間、短時間での関わりになっていましたので、自身のスキルアップにも繋がるかと思います。基本的な食事介助や入浴介助、排せつ介助などは問題なくできるかと思いますので、チームケアやレクリエーションなどを中心に勉強していきたいと考えています。

職種別の志望動機・自己PR例文

施設系介護職に応募する場合

私は以前は在宅サービスで働いていました。
在宅では一人の高齢者と深くかかわれると思っていたのですが、実際にサービスとしてかかわれるのは一日30分ほどが限界であり、その他の時間帯や夜間帯の様子は一切わからず不安に感じていました。
施設であれば長時間密接して関われるので高齢者に親身になって介護ができると思います。また、在宅では寝たきりの高齢者を中心に介護をしてきましたので、おむつ交換や入浴介助などは問題なくできます。
施設であればある程度設備が整っている中ですので、より丁寧にできると感じています。ほかの介護職員や看護師、栄養士などの関係職員の方ともしっかりと連携をとってチームで介護に携わりたいと思います。

訪問系介護職に応募する場合

前職ではは特別養護老人ホームで働いていました。そこでは非常に忙しく、高齢者と1対1で関わることが難しかったのです。
その為、限られた時間でありながら高齢者と1対1で関われる訪問介護をしたいと思い応募をしました。
施設では寝たきりの方から認知症の方まで様々な人を介護してきましたので、介護技術は問題ないかと思いますし、主婦をしていますので調理や洗濯、家事などでも問題ありません。また、訪問介護で働くことになれば将来的には介護福祉士を取得して、サービス提供責任者という立場で活躍したいと考えています。他のヘルパーさんや、ケアマネなどともきちんと連携を取って、在宅で過ごす高齢者に対して快適な生活を送ってほしいと考えています。

生活相談員に応募する場合

長年介護士として働いて、介護をしていく楽しみを持てることができました。
その次のステップアップとして、高齢者や家族の心のケアや、調整役として活躍したいと生活相談員に応募をしました。
そのために、社会福祉主事も取得しましたし、将来的には社会福祉も取得する予定で考えています。また、もともと人と会話をするには非常に好きな方であり、初めての会う人でもすぐに打ち解けることができるので、その性格を生かした職種を考えていました。
生活相談員になればいろんなストレスもあると聞いていますが、あまりストレスをため込まない性格ですので、合っているかと思います。
家族や高齢者の心のよりどころなれる生活相談員になりたいと考えています

サービス提供責任者に応募する場合

前職では訪問介護事業所でヘルパーとして働いてきていました。ステップアップとしてサービス提供責任者として活躍したく応募をしました。
私から見るサービス提供責任者は介護以外にヘルパーの調整はもちろんですが、事業所の顔となる立場ですので、そのあたりもしっかりと意識をして仕事に取り組みたいと考えています。
もちろん今までのヘルパーとしての経験を生かして、ほかのヘルパーさんが嫌がるような難しい高齢者の自宅にも行きますし、ヘルパーさんの教育もしっかりと行っていきたいと思っています。
今までもサービス提供責任者になりたいと意識して仕事をしていましたが、今回の募集を見て是非就職したいと感じました。

介護支援専門員に応募する場合

今までケアマネは施設でしていましたが、在宅でケアマネをすることを以前から考えていました。それは私の親が現在在宅で介護を受けており、良いケアマネに担当してもらい母の体調はみるみる良くなったからです。
ケアマネ一人の力でこんなにも変わるのかと驚きました。私自身もそのようなケアマネになりたいと考えています。また今後介護は在宅が重視される時代になっており、地域包括ケアの一員として地域の方と連携を取りつつ、在宅ケアマネとして活躍したいと望んでいます。ケアマネとしては、今後主任ケアマネなどを取得しようと考えており、主任ケアマネや社会福祉士などを取得してステップアップになれば良いと思っております。

リハビリ関連職に応募する場合(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など)

私は理学療法士として長年病院で働いてきました。今回介護施設に応募した理由としては、やはり高齢者が好きだからです。
以前の病院でも高齢者はたくさんいましたが、リハビリ病院でしたので3か月ほどの関わりであり、退院をうれしくも寂しく思っていました。
しかし、施設であれば最後までその方と関わってリハビリを提供できますので、リハビリに関しては責任をもって最後まで取り組めるかと思います。身体機能はもちろんですが、心のケアもしっかりと行っていきたいっです。もし働かせていただけるのであれば、介護職員や看護職員の方と一緒にチームとして高齢者のリハビリを行っていきたいと思っています。

管理職・施設長候補に応募する場合

管理職としては以前の施設で施設長として働いていました。施設長をしていると他の施設はどのように運営しているのか、どういった形をとっているのかという疑問が徐々に大きくなり、一度は他の施設で働きたいと思い応募をしました。
施設長として心がけていることは、職員の定着です。介護職員はどこの施設でも慢性的に足りておらず、まずは職員の確保、それを行うことによって適切な介護の提供、適切な運営をできると考えております。
また、地域に根差した施設を作りたく思い、近隣住民との交流や、地域のボランティアとの交流などもしていきたいと考えております。長年地域で繫栄できるような施設を作りたいです。

医療事務職に応募する場合

以前は総合病院で働いていました。今回クリニックに応募した理由としては総合病院ですとどうしても患者さんとの距離が遠くなってしまうからです。クリニックであれば患者さんとの距離も近いので、顔なじみになり易く地域に根差した取り組みをしている貴院であればそれができると感じました。
レセプト等は以前の仕事でたくさんの数をやっておりましたし、その他の事務に関しても問題なくできるかと思います。
ホームページを見させていただいたところ子供の患者さんが多いのも志望動機の一つです。子供は好きですので、子供の目線に立って対応ができるかと思います。クリニックもとてもきれいでスタッフの方も、優しそうな人ばかりですので是非一緒に働きたいです。

自分を採用することのメリットを伝える!
志望動機を書くときに特に強調したいのは、自分が企業にとってどう役立つのかということです。
中途採用は即戦力を求めているため、人材ニーズがはっきりしています。その求められている人材像に、自分がどれだけ近いのかをアピールするといいでしょう。

3. 本人希望欄

本人希望欄
介護職を希望します。勤務地・待遇などは、貴社の規定でお願いします。

応募先が複数の職種を募集していることを前提に、希望職種を記入します待遇面での原則は“貴社規定でお願いいたします”と記入しましょう

「本人希望記入欄」も有効に使って自己PR

本人希望記入欄の「希望」とは、どうしても譲れない希望のことをいいます。それがなければ、応募企業の意向に沿う書き方をするのが基本になります。職種・給与・勤務時間・勤務地などに対する希望を書きますが、給与や勤務時間に関しては具体的に書くのは避けたほうが賢明です。
そしてこの欄には“希望職種”を必ず明記しましょう。やる気を簡潔に伝えて、自己PRに使うことができます。

本人希望記入欄の具体的な書き方

勤務時間で制限がある場合

「私は、母の介護を行っておりますので、夕方6時までしか働くことができません。19時から、母の介護を行いますので退席を希望させていただきます」
このように記載しておくと、入社したあとになって長時間働いてほしいと言われることはありません。

連絡が取れる時間帯がある場合

「私は、子供の送り迎えのために午前9時まで電話に出ることができません。10時以降であれば、連絡を受けることができます」
というように記載しておけば、連絡がつかなかったということが減るでしょう。
本人希望欄は、有効に利用していきましょう。

4. 趣味・特技

趣味・特技
サッカーをやっています。学生時代の仲間と組んだクラブで毎週プレーしています。
読書が好きで、幕末ごろの歴史物に特に興味があります。

応募者の素顔や人間性が強く表れます。空欄にせず、必ず記入しましょう
空欄にしないだけましとはいえ、「読書」や「サッカー」と書いただけでは人間的な側面が伝わりません。 読書であれば、どんなジャンルや作家の本が好きで、月に何冊くらい読むのか? サッカーは自ら定期的にプレーしていれば良好な交友関係や健康面をアピールできる要素に繋がります。
面接時に採用担当者と話しが弾むこともありますから、具体的に記入しましょう。

趣味や特技の参考例文

「趣味」・・・映画鑑賞

レンタルDVDも含め、月に10作品は見ています。洋画中心ですが、最近は昭和30年代の邦画にも興味があります。
※スペースの範囲内で説明を加える。印象に残った作品を挙げるのもよい

「特技」・・・接客時のコミュニケーション

高齢者でも幼児でも、気持ち良く過ごしていただける対応ができます。
※資格こそないが、これだけは自信がある、というものを記入)

「スポーツ」・・・スイミング

週に1度、近所のスイミングクラブで200メートル泳いでいます。
※現在スポーツをしていない場合は、学生時代の経験や興味のあるスポーツを記入してもよい)

「好きな学科」・・・食品栄養学

父が食事療法を始めたことで興味を持ち、勉強するようになりました。
※社会人になってから興味をもった分野を、学科に置き換えて考えてもよい)

5. 通勤時間・扶養家族・配偶者と扶養義務

通勤時間 約 1時間 0分 扶養家族(配偶者を除く) 0人
配偶者 有 ・ 無 配偶者の扶養義務 有 ・ 無

転職では通常90分以内が通勤圏内と考えます

通勤時間と会社までの最短時間

会社までの最短時間の時間を書きます。通勤時間は1時間程度が目安で、それ以上になると「遠い」という印象を採用側に与えます。
しかし、通勤に1時間以上かかってもウソを書くのはいけません。
通勤時間が長い場合は、資格取得の勉強をする時間として活用しているなど、マイナスをプラスに変えるフォローを考えましょう。

扶養家族の状況は待遇に直結する問題

履歴書用紙の隅に設けられているので重要性を低く捉えがちですが「扶養家族数」や「配偶者の有無・扶養義務」の欄も企業側にとって関心事の一つです。採用後の税金の手続き(配偶者控除など)や「家族手当」など待遇に直結する問題だからです。
扶養家族数は、自分が現在扶養している家族の数を書きます。一人もいなければ「0」と記入します。
配偶者の有無・扶養義務は、それぞれ該当するほうを◯で囲みます。

基本情報(氏名、学歴・職歴)へ

  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 西部エリア4,009
    中部エリア3,236
    東部エリア1,880
    伊豆エリア643
  • 施設形態
    資格
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴5,810
    待遇・職場環境の特徴14,933
    募集の特徴19,322
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択