• 介護・福祉の情報

プリセプター制度とは

医療・介護業界で新人研修や教育において幅広く活用されているプリセプター制度。
今回はこのプリセプター制度とはどんなものなのか解説します。

プリセプター制度とは

プリセプター制度とは、新しい職場や職種に就く者が、より経験豊富なメンターである「プリセプター」によって、実践的な指導や支援を受ける制度のことを指します。主に医療・看護業界や教育現場、法律事務所などで採用されています。

目的

新人や若手社員がよりスムーズに職場に適応し、職務遂行能力を向上させるために導入されます。プリセプターは、技術や知識だけでなく、職場のルールやマナー、コミュニケーション能力など、実践的な指導を行います。また、プリセプター制度は、新人や若手社員にとってのモチベーションアップや、離職率の低下にも効果があるとされています。

まとめ

    • プリセプター制度とは、新人に固定の職員(プリセプター)をつけて指導する制度のことです。
      他にも「エルダー制度」「チューター制度」と呼ばれることもあります。
      マンツーマンで指導してもらえるため「馴染めるか不安」という方は、プリセプター制度のある職場を選んでみるのも良いかもしれません。

  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア1,959
    中部エリア2,268
    東部エリア1,232
    伊豆エリア432
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択