• 就職・転職の情報

あなたらしさをきちんと伝えて採用されよう!面接の答え方とポイント

就職・転職活動において避けられないのが面接です。筆記試験は行わない企業も面接試験は必ず行うでしょう。それだけ面接は重要なのです。ところが、面接に対して過度に苦手意識を持ちすぎたり、面接で無理をしすぎて「こんなはずじゃなかった」ということも。あなたらしさを伝えながら、採用につなげる答え方のポイントをご紹介します。

中途採用の面接試験とは

新卒採用でも中途採用でも面接試験は必ず行われますが、実は新卒と中途では大きな違いがあります。中途採用の場合は事前に採用したい職種が決まっているということです。ですから、「この分野の仕事を任せることができる」と思わせられれば、採用にグッと近づくのです。
また、すぐに転職したい場合でもブランクがある場合でも、どちらもその理由を答えられなければいけません。
履歴書や職務経歴書があるとはいえ、面接でもしっかり答えられるように自分の経歴やできること、ブランクがある理由などをしっかり答えられるようにしておきましょう。

面接時のマナー

どのような面接試験でも、ビジネスの場であることを意識してください。特に中途採用の場合は「面接官の時間をいただいている」という気持ちが大事になります。相手はあなたに一通りの社会人経験があると思って面接をします。一般的なビジネスマナーをわきまえて面接に挑むことが重要になります。

また、服装指定がない職場は面接時の服装も悩むかもしれません。悩んだらスーツで行くのが正解でしょう。ただし、業種や職種によって私服指定のところもあります。その場合は志望する企業のイメージに合った服装を選ぶのが良いでしょう。

関連記事
面接官はココを見る!服装と身だしなみのポイント

また、ふいに出る言葉遣いや態度はドアを出てからも気を抜かないようにしましょう。面接だけにとどまりませんが、どこで見られているかわからないという意識は大切です。実際にその会社の一員となった時にどのような態度でいるのかもチェックされているのです。

関連記事
面接官はココを見る!言葉づかいと態度のポイント

よく聞かれる質問事項

面接試験には応募者に必ず聞く質問があります。特に中途採用の場合はそれぞれに聞き、より企業に合った人材を採用したいものです。もしあなたの答え方が不十分だとしたらそれだけで不採用になってしまうのはもったいない!みんなに聞く質問だからこそ志望企業との接点を明確にし、私を採用したらこれだけ働けるという意欲をアピールしたいですね。
代表的な質問の答え方のポイントをご紹介します。

自己紹介・自己PRの答え方

<自己紹介・自己PRは、ただあなたのことを話せばいいだけではありません。面接官が知りたいのは「あなたがこの会社で何ができるのか」「この会社の社風にあった人なのか」ということです。これまでの経験や自分のことをどういう風にとらえているのかも見られていますので、事前に整理しておくと順序立てて答えることができるでしょう。

関連記事
面接の自己紹介・自己PRはこれを意識するのが正解!

志望動機の答え方

志望動機は「あなたがこの企業でどうして働きたいのか」だけでは足りません。中途採用はこれまでの経歴があるので、働きたい理由とここで何ができるのかを伝えることが重要になってきます。もし業種や職種を変えてチャレンジする場合は、これまでの経歴と志望する企業との接点を見つけ、〇〇の経験からここではこれが活かせるというアピール をしましょう。

関連記事
志望した理由だけを言えば伝わる?あなたの意欲を伝える志望動機の答え方

経歴チェックの答え方

中途採用の一番の強みは何と言っても「これまでの経験があること」でしょう。これまでどのような会社でどんな仕事をしてきて、何ができるようになったのかをきちんと伝えることで、入社したあとにはどのような働きができるのかを具体的にイメージさせることができます。ブランクがある場合やこれまでの経歴とは違う業種・職種で希望する場合でも、志望企業との接点や活かせることを面接前には整理しておいて、きちんと答えられるようにしておきましょう。

関連記事
このポイントを意識して!あなたの働きを伝える経歴チェックの答え方

転職理由の答え方

面接官が転職理由を聞くのは、ずばりまた辞めるのではないか・トラブルを起こすのではないかという危険性をチェックしています。もちろん「何かしらがあって退職している」「全員が不満を持たずに退職しているわけではない」ことは理解していますが、不満だけで退職した人は避けたいのも事実です。そこで、転職理由はより説得力のある答え方が必要になるのです。また、転職を考えたきっかけを理由にしてしまいがちですが、そこをもっと掘り下げると前向きな「理由」に変えることができます。あたがが転職したい本当の理由を考えてみませんか?

関連記事
転職を考えた「きっかけ」を理由にしてはダメ!正しい転職理由の答え方

質問はありますか?の答え方

面接も終盤になり少し落ち着きを感じるようになった頃に聞かれるこの質問。事前に考えておかないと意外とパニックになりがちです。そもそも思っていた疑問は全て聞いておいた方がいいのでしょうか。それとも何か思惑があって聞いているのでしょうか。特に何もなければ「ありません」が正解のように感じますが、実はそれはもったいない!ここは面接官との「対話」だと考え、最後まで気を抜かずに準備しておきましょう。

関連記事
聞かれたから何でも質問しても良い?面接官が聞いてほしいのは、実はこれだ!

まとめ

  • 面接試験はどのような採用試験でも必ず行われます。履歴書からは伝わりきれない「あなた自身」を企業側に伝えましょう。これまでの経験からこの分野の仕事を任せることができると思ってもらい、ブランクがある場合は理由などをしっかり答えられるようにしておきましょう。
    また、面接はあくまでビジネスの場です。服装だけではなく言葉遣いや態度も最後の最後まで気を抜かないようにしてください
    自己紹介・自己PRや志望動機、経歴チェック、転職理由など必ず聞かれる質問事項は事前に整理し対策することができます。きちんと準備して面接に挑んでください。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア2,857
    中部エリア2,787
    東部エリア2,089
    伊豆エリア627
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択