• 介護・福祉の情報

外出を支援するガイドヘルパーとは?

ガイドヘルパーとは、視覚障がい者や高齢者などの移動支援をする人のことを指します。
別名:移動介護従事者と呼ばれており、その中でも特に、外出先での移動支援を専門に行う人を指します。

ガイドヘルパーの活動内容

外出を支援するガイドヘルパーは、主に以下のような活動を行います。

1.目的地までの道案内や障害物の説明、安全に歩くためのアドバイスなどの移動支援
2.乗り物の利用方法の案内や、乗り換えの支援
3.買い物や手続きなどの外出先での支援

これらの支援を通じて、利用者が安心して外出することができるようにサポートします。また、外出先でのコミュニケーションの支援も行い、社会参加を促進する役割も担います。

ガイドヘルパーになる為の研修

ガイドヘルパーになるには研修を受ける必要があります。
障害の種類によって内容が異なるため用途に応じて受講する必要があります。

1.同行援護従業者養成研修(視覚障害者)
2.全身性障害ガイドヘルパー養成研修(車いす)
3.行動援護従業者養成研修(知的・精神障害者)


まとめ

  • 外出が難しい人たちのなかにも、自由に外出し、自分の行きたいところに行って様々な人や物、情報に触れたがっている人もたくさんいます。
    1人での外出が困難な方に寄り添い、良い人生を送る手助けとなります。

    ガイドヘルパー(移動介護従事者)は自身のキャリアアップや、転職等にも役立つ資格の一つです。
    自治体が開催している研修をチェックしてみるのもいいですね。

  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア2,207
    中部エリア2,164
    東部エリア1,338
    伊豆エリア420
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択