• 介護・福祉の情報

要介護2とはどんな状態?要介護1,3との違い、使えるサービスや費用について解説!

要介護2は日常生活の中で、見守りや介助が必要な状態のことを指します。
要介護1,要介護3との違いや、利用可能な介護サービスについて紹介します。

要介護2とは

「要介護2」とは、身体的または認知的な理由により、日常生活において一部の介護が必要な状態を指します。 具体的には、食事や入浴、更衣など、基本的な日常生活の一部に介助が必要になる場合がありますが、基本的には自立した生活を送ることが可能です。
要介護の程度には、介護保険制度において、要介護1から要介護5までの5段階に分類されています。要介護2は、この中間の程度に相当し、軽度の要介護状態です。

要介護1・要介護3とは

要介護1との違いは、要介護の程度がより軽度であることです。一方、要介護3との違いは、要介護の程度がやや重度であることです。要介護3では、食事や排泄、更衣などの日常生活の介助がより多く必要になります。

介護保険制度

要介護の程度に応じて異なる種類のサービスや給付金があります。要介護2の場合、以下のようなサービスや給付金が利用できます。

介護サービス

居宅サービスや訪問介護など

介護予防サービス

デイサービスや通所リハビリテーションなど

介護用具貸与などのサービス

車いすや歩行器などのレンタル

介護給付金

介護サービスや介護用具貸与などにかかる費用の一部を負担

まとめ

  • これらのサービスや給付金は、介護保険制度に加入している場合に利用できます。
    介護保険料は、受け取るサービスや給付金の種類や利用頻度に応じて異なりますが、
    自己負担額が発生する場合があります。
    また、介護保険制度以外にも、民間の介護保険商品や社会福祉協議会が実施する
    生活支援・介護サービスなどがあります。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア1,939
    中部エリア2,254
    東部エリア1,231
    伊豆エリア432
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択