• 介護・福祉の情報

6秒ルールだけじゃない。介護で応用したい「アンガーマネジメント」その本質とは?

アンガーマネジメントとは、怒りをコントロールし、建設的に解決するためのスキルや技術のことです。アンガーマネジメントは、ストレスや不安、怒り、イライラなど、負の感情を感じる人々に役立ちます。

アンガーマネジメントとは

介護においてアンガーマネジメントは、高齢者や身体障害者の方々などの支援を行うケアワーカーにとって非常に重要です。ケアワーカーは、時には高齢者や身体障害者の方々とのコミュニケーションにおいて、ストレスやイライラを感じることがあります。そのような場合にアンガーマネジメントのスキルを持つことで、怒りや不安を抑え、より建設的な解決方法を見つけることができます。


 

アンガーマネジメントの本質

アンガーマネジメントの本質は、感情をコントロールし、自分自身や他者とのコミュニケーションを改善することです。アンガーマネジメントの技術には、ストレス管理、コミュニケーション技術、問題解決技術などが含まれます。これらの技術を習得することで、自分自身や他者との関係を改善し、より建設的な解決方法を見つけることができます。

 

 

まとめ

  • アンガーマネジメント技術は、介護の仕事だけでなく普段の生活においてもとても役に立ちます。
  • 心に余裕を持つことにより、他者に優しくでき、自分も晴れやかな気持ちになることができます。
  • 日々の生活において取り入れ、自然に出来るようになると良いですね。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア1,961
    中部エリア2,271
    東部エリア1,241
    伊豆エリア432
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択