• 就職・転職の情報

このポイントを意識して!あなたの働きを伝える経歴チェックの答え方

経歴チェックとは、面接官が応募者にこれまでの仕事について質問し、確認していくことです。
面接官は応募者の経歴を聞くことによって、自分の会社で求めている人材かどうか任せられるかどうかを確認します。
転職からの入社する方には重要な質問になってきますので詳しく解説していきしょう!

面接官が見ているところはココ!

具体的に聞きたい

面接官は「なにができるか」の接点を探し、募集している仕事を任せられるかどうかを確認しています。
「もう少し詳しく話してもらえますか」などと聞かれる場合があるので、この問いかけに備えてこれまでの仕事上での経験をできるだけ細かく思い出して、わかりやすく答えられるようにしましょう。
例えば「〇〇の営業をしていました」で終わるのではなく「こんな知恵を出して行動に移し、このような成果が得られました」と具体的な経験を語りましょう。

主体的に働き伸びてくれそうな人材か

企業が求めているのは、自分で考え行動し成長してくれる人材です。
会社のいいなりでただ働いていたわけではなく、自分はこんな風に仕事に取り組みましたと伝えられることによって、自分の会社でも同じように取り組み、成長してくれるだろうと推測するのです。
「経歴」と「経験」をあわせて語れるように準備しておきましょう。

応募者が伝えるべきことは?

どんな気持ちでどんな行動をしたかが重要になってきます!
・気持ちはサービス業の方であれば「お客様の喜ぶ顔をみるために」など自分が仕事をするうえで精神的に支えになったことを思い出すことです。
・行動は具体的な経験を交えて語ることが大切です。自分の仕事を分析し経験を語ります。
気持ちと行動をあわせて語ることで「主体的に仕事に取り組んできた自分」を面接官にイメージさせられるのです。

まとめ

  • 経歴チェックでは面接官が具体的に働きぶりをイメージできるように話すことが重要です。
    「なにを意識して」「なにをしたのか」「どんな結果を生んだのか」を詳しく語れるように整理しておきましょう。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
    西部エリア2,663
    中部エリア2,657
    東部エリア1,672
    伊豆エリア587
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
    会社の特徴
    待遇・職場環境の特徴
    募集の特徴
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択